駐車場のお知らせ2021.4.13
こんにちは、受付の鈴木です^^
うしくぼ歯科の駐車場(遠いほう)の白線引き直しが終わりました。
通常通り7番、30番、31番がご利用いただけます。
宜しくお願い致します。

 駐車場のお知らせ2021.4.6
こんにちは、受付の鈴木です(^^)
うしくぼ歯科の駐車場(遠いほう)が、白線引きのためにしばらく使えなくなります。
西側から始まり、西側完了後東側に取り掛かるそうです。
その間、図面の【空】のところをご使用ください。
ご不便おかけいたしますがよろしくお願いいたします。

 P-Cureハブラシ2021.3.30
こんにちは、受付の鈴木です(^^)
今回は『P-Cure』というハブラシの紹介です。

ふつうのハブラシとは違い、先が小さく毛足が長めです。
超軟毛で、歯茎がセンシティブな状態、痛みに弱い方などに使っていただくのに適しているそうです。
他にも、歯茎の外科処置したての方の歯茎が治るまでのブラッシングなどに使っています。

衛生士さんにハブラシの種類を伺うと、いろんな使い道のハブラシが出てくるので勉強になります(^^)

 DH勉強会2021.3.16
こんにちは、受付の鈴木です^ ^

今回は、定期的に行われているDH勉強会を見てきました。
院長先生と衛生士さん達で、今通われている患者様の治療状況を話し合います。
衛生士さんが自分の患者様で症例を出し、治療の進捗や計画、そして成果などを報告します。
院長先生からの歯周病のお話などもありました。

患者様にとっては安心して通えることに繋がりますので応援しております^ ^

 歯を溶かす酸性の飲み物!2021.2.16
こんにちは^ ^受付の鈴木です。

今回は皆さんが飲む飲み物の酸性度についてです。
酸性度が高いほど歯のエナメル質を溶かしてしまいます。
よく耳にするpH値とは、『水素イオン濃度』を表します。これが7.0より低くなると、より酸性の飲み物ということになります。
画像にある通り、私たちが口にする飲み物のほとんどがその数値より低く、酸性のものになります。

炭酸飲料はもちろん、スポーツ飲料やレモンなどの柑橘類もエナメル質を溶かしてしまいます。

こういったものが原因で発生してしまうのが『酸蝕症』です。
むし歯とは違い、酸に触れた歯面全体が広範囲に溶け、知覚過敏が起きやすくなります。

酸性度の高い飲み物の飲み過ぎには注意が必要です。皆さんも気をつけてくださいね^ ^

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33
[編集]
CGI-design